0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 中古マンション売却の重要ステップ!内見件数が少ないときの対策などを解説

中古マンション売却の重要ステップ!内見件数が少ないときの対策などを解説

≪ 前へ|地鎮祭や上棟式とは?住宅建築で知っておきたい儀式を解説   記事一覧   中古住宅の探し方!基本の探し方や探すときの注意点を解説|次へ ≫

中古マンション売却の重要ステップ!内見件数が少ないときの対策などを解説

中古マンションの売却活動をする際に、注目したいポイントが内見件数です。
内見は、購入検討者が実際に中古マンションを見学する機会となるため、件数が多いほうが売却につながりやすいと考えられます。
今回は、中古マンションの売却をお考えの方に向けて、平均的な内見件数や内見の件数が少ないときの対策などについて解説します。

中古マンション売却の内見件数!平均的な件数の目安を解説

中古マンション売却の内見件数!平均的な件数の目安を解説

一般的な中古マンションは、何件くらいの内見件数を得て、売却に至っているのでしょうか。
まずは、目安にできる平均的な内見件数と、件数を増やすことの大切さについて解説します。

内見件数の平均とは?

中古マンションを売り出したら、売却活動のなかでも、内見は重要なステップになります。
売却の可能性を高めることにつながる内見ですが、件数の状況は物件によっても異なり、一概に何件あれば売却に至るとは言い切れません。
しかし、一般的な中古マンションの売却で、目安になる平均的な内見件数は、10件前後といえるでしょう。
物件によっては、6件ほどでも平均的な件数の範囲として考えられます。
このような平均的な内見件数に対応する期間としては、週末ごとに1件の内見が入った想定して、2か月から3か月ほどです。
人気のある物件は、内見件数も多くなる傾向にあります。
また、見学する曜日や時間帯によって、日当たりや周辺環境に変化があることも少なくありません。
そのため、購入検討者のなかには、内見に数回訪れる方もいらっしゃいます。

内見件数の重要性

中古マンションは、買い手にとって大きな買い物です。
購入検討者の多くは、物件の比較をして検討したいと考えます。
実際には移動の時間などもかかるため、購入検討者が見学できる物件の数は、多くても1日に3件から4件ほどです。
一般的な中古マンションの内見では、外観や共有部分の確認、専有部分の部屋の見学などで所要時間は2時間ほどになります。
なかには、複数の物件を見学してきた購入検討者が、比較をしたうえで購入を決断し、1件の内見で売却までつながるケースもあります。
すぐに決まることもある一方で、売却活動が長引く可能性には注意が必要です。
中古マンションが、売り出しから成約までにかかる平均的な期間は3か月から6か月ほどです。
売却活動の期間が長引くと、中古マンションの価格を下げることを検討する場合もあります。
値下げを回避するためにも、売却の可能性を高める対策として、内見件数を確保することが重要です。

▼この記事も読まれています
店舗併用住宅も固定資産税の特例を受けられる!?詳しく解説します!

中古マンション売却に向けて!内見件数が少ないときの対策

中古マンション売却に向けて!内見件数が少ないときの対策

内見件数は10件ほどが平均的な件数であり、中古マンションの売り出し時のひとつの目安になります。
売り出したものの、内見件数が少ない場合には、有効な対策があります。

価格の見直し

売却をはじめて1か月から2か月ほどが経過しても、件数が少ない場合には、対策が必要です。
内見件数が少ないとき、まず中古マンションの価格を再度検討してみましょう。
通常、購入検討者は、中古マンションをリーズナブルに購入したいと考えています。
一方、売却をする際には、交渉が入ることも視野にいれて、少し高めに売り出すことは基本といえます。
しかし、売り出し価格が相場よりも高くなってしまっている場合、価格がハードルとなって、内見件数が少ない事態となってしまう可能性に注意が必要です。
周辺の競合物件の価格をつかみ、相場よりも高いときには見直しをすることが対策になり得ます。
相場を調べる際には、周辺に相場よりも安く売り出している類似物件がないかも、確認してみましょう。

内見の少ない時期を避ける

1年のなかで、中古マンションの売却が活発になりやすい時期があります。
件数が少ないときには、売却時期を見直すのも対策のひとつです。
売り出し時期としては、2月から3月がおすすめです。
この時期は、新生活シーズンとなる4月を前に、中古マンションの購入を考える方が増える傾向にあります。
そのため、内見件数も増えやすく、売却の可能性も高まりやすい時期といえるでしょう。
売り出す前の12月から1月ころに、不動産会社と媒介契約を結ぶと、売却に向けた準備もスムーズに進めやすいです。
また、1年のなかには、市場が活発になりにくい時期もあります。
多くの方が年末年始の多忙な時期となる1月や、暑さが厳しく、内見に訪れにくくなる8月は件数も見込みにくくなるでしょう。
スケジュールに余裕があれば、売却しやすい時期に売り出しのタイミングをあわせるのが、内見件数を増やす対策といえます。

物件写真の見直し

購入検討者は、間取りなどの情報を収集し、気になる中古マンションについては内見に進みます。
「内見で実際に物件を見てみたい!」と、購入検討者に魅力を感じさせるための重要な要素が写真です。
物件の写真が魅力的なければ、内見件数が少ないといった影響が出てしまうこともあります。
内見件数を確保するには、掲載写真を見直し、より魅力的な写真を撮影することも有効です。
撮影時には、室内の整理整頓をしておくと、広い部屋に見えやすくなります。
明るい室内を撮影するには、日中でも照明をつけておくこともコツです。
魅力的に撮影された写真は、購入検討者の内見に対する意欲を刺激するため、内見件数が少ないとき取り組める対策としておすすめです。

▼この記事も読まれています
新築一戸建てを快適に!インターネット光回線申し込みのタイミングは?

成約につなげる!内見件数が多いときの中古マンション売却対策

成約につなげる!内見件数が多いときの中古マンション売却対策

内見件数は多いのに、売却したい中古マンションが成約に至らないケースもあります。
このような場合には、内見件数が少ない場合とは異なる原因や対策が考えられます。

内見の準備を十分におこなう

内見件数が多い時点で、売り出した中古マンションの価格や立地に原因がある可能性は少ないです。
写真も魅力的に見えているため、内見件数にプラスに働いていると考えて良いでしょう。
内見は順調に予約が入るのに、成約に結びつかないケースでは、実際の中古マンションが購入検討者のイメージとかけ離れてしまっていた可能性があります。
たとえば、物件写真ではもう少し広く感じていたのに、実際に見学すると狭く見えた場合などです。
ほかにも、内見で直接目にしたら、フローリングや設備の汚れが目立っている場合にも、見学者の印象を損ねてしまいます。
このようなケースは、内見の準備を適切におこなうことにより、成約に至る可能性を高められる場合があります。
内見で、購入検討者の印象をアップするには、準備の一環として掃除は欠かせません。
中古マンションに居住しながら売り出している場合には、室内のきれいにするための掃除にくわえて、家財道具などの整理整頓を徹底すると、室内が広く見えます。
売り出している中古マンションを空き室状態にできている場合も、不用品となった家電や家具は撤去しておくことがポイントです。
撤去することにより部屋が広く見え、実際に見学しても魅力的な印象になれば、購入検討者が成約を検討しやすくなります。
また、成約につなげる準備の一環として、頑固な汚れが目立つときなどは、ハウスクリーニングを利用するのも良いでしょう。
とくに、見学者にチェックされやすいのは水回りです。
数万円からプロに依頼できるハウスクリーニングは、成約に向けた準備として、有効な対策です。

当日の対応を工夫する

購入検討者は、1日で複数の中古マンションを見学していることも少なくありません。
内見件数が多い場合でも、心のこもった対応をすると、見学をした人の記憶に残りやすくなるでしょう。
当日は、履き心地の良いスリッパを用意してお迎えするといった、細やかな工夫でも、歓迎の気持ちが伝わります。
清潔感のある香りの芳香剤を置いておくのもおすすめです。
当日の対応でも競合物件との差別化ができれば、中古マンションの成約に向けた対策のひとつになり得ます。

▼この記事も読まれています
リノベーションによるワークスペースのタイプは?費用・ポイントをご紹介

まとめ

中古マンションの売却活動では、内見が成約に向けた重要な局面となるため、内見件数は多いほうが売却の可能性も高まると考えられます。
内見件数が少ない場合、多くても成約に至らない場合など、ケースに応じて適切な対策に取り組みましょう。

目次

輝広の写真

輝広 メディア編集部

加古川市.明石市.姫路市.稲美町.播磨町で土地やマンション、一戸建てなどの不動産物件を探すなら、有限会社輝広をご利用下さい。弊社では物件を豊富に取り揃えており、ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介していきます。


≪ 前へ|地鎮祭や上棟式とは?住宅建築で知っておきたい儀式を解説   記事一覧   中古住宅の探し方!基本の探し方や探すときの注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


明石市大久保町江井島 中古戸建

明石市大久保町江井島 中古戸建の画像

価格
6,800万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町江井島
交通
江井ヶ島駅
徒歩13分

加古川市西神吉町岸 中古戸建

加古川市西神吉町岸 中古戸建の画像

価格
1,680万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市西神吉町岸
交通
宝殿駅
徒歩15分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,730万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

トップへ戻る