0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは

住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは

≪ 前へ|不動産を一括購入するメリットとは?気になる注意点や諸費用についてご紹介!   記事一覧   不動産売却時の査定とは?2つの方法をご紹介!|次へ ≫

住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは

マイホームは人生のなかでも大きな買い物の一つです。
購入を検討している方の多くは、住宅ローンを利用してマイホームの購入を考えているのではないでしょうか。
事前に購入資金を用意しなくても、マイホームを購入できるのが住宅ローンのメリットですが、万が一支払いが遅れてしまった場合にはどうすれば良いのか不安な方もいるかも知れません。
そこで今回は、住宅ローンを利用してマイホームの購入を検討している方に向けて、住宅ローンを滞納した場合にどうなるのかを対処方法とあわせてご紹介します。
住宅ローンのご利用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンを滞納するとどうなる?

マイホームの購入に利用できる住宅ローンは、数十年に渡り返済をおこなうのが一般的です。
長期間支払いをしていくなかで、ライフスタイルの変化などさまざまな理由によって支払いが難しくなり滞納してしまう場合があるかも知れません。
もし住宅ローンを延滞してしまっても、一度の延滞ですぐにマイホームを手放したり競売にかけられたりすることはないでしょう。
しかし延滞の記録が一定期間個人信用情報に残ってしまったり、何度も延滞が繰り返されると優遇金利が受けられなくなる可能性もあるため注意が必要です。

滞納が続いてしまったらどうなる?

住宅ローンの滞納が一度ではなく数か月続いてしまうと、借入金を分割で返済することができなくなることが考えられます。
つまり、残債の一括返済を金融機関から求められてしまいます。
もし一括返済ができない場合には、任意売却や競売などをおこないマイホームを手放す必要があるでしょう。
また任意売却や競売の売却額で残債を返済できる場合は問題ありませんが、売却額で完済できない場合には残債の支払い義務が残ります。
残債の支払いについては、金融機関との話し合いで方法を決めることがほとんどです。
マイホームを手放したうえに支払いが残ってしまわないように、滞納を続けずに返済を進めていきましょう。

金融機関からのお知らせは必ず確認!

住宅ローンを滞納してしまった方のなかには、滞納していることに気付かなったというケースもあるようです。
通常住宅ローン支払いが遅れたり滞納したりしていると、金融機関から催告状や督促状などのお知らせが届きます。
金融機関からのお知らせで滞納に気付いた場合や、支払いが難しくなっている場合はすぐに金融機関に連絡を入れて今後の対応について相談しましょう。
何もせずに滞納を続けていると、住宅ローンの一括請求に関する予告通知が届きマイホームを手放すことになってしまうかも知れません。
金融機関からのお知らせは必ず確認し、対応するようにしましょう。

住宅ローンを滞納してしまった場合の対処方法とは?

住宅ローンを滞納してしまった場合の対処方法とは?

住宅ローン返済が難しくなり、滞納が続いてしまった場合にはいくつかの対処方法があります。
まずは前述でもご紹介したとおり、金融機関に連絡をし返済を待ってもらうなどの相談をしてみましょう。
金融機関によっては、支払いの条件変更や借り換え、まとまったお金ができたときに繰上げ返済することで元本の返済を一時お休みできるなどの返済方法が可能なケースもあります。

リースバックを利用する

住宅ローンの支払いを続けるのは難しいけれど、住み慣れた家に住み続けたい場合にはリースバックを検討するのもおすすめの方法といえます。
リースバックとはマイホームを売却し住宅を購入したオーナーから、その家を賃貸物件として借りることで住み続けることができる仕組みのことです。
メリットとしては引っ越しをしなくても良いことや、住み慣れた家で生活を変えることなく暮らせることが挙げられます。
しかし住宅ローンの残債が売却額を上回っている場合は、利用できないこともあるため事前に確認が必要です。

売却を検討する

滞納が続いてしまい支払いが難しい場合にはマイホームの売却を検討するのも一つの方法です。
住宅ローンの返済が滞っていても、住宅の売却額が残債を上回っている場合には売却することで住宅ローンを完済することができます。
ところが売却額が残債を下回っており、売却しても住宅ローンを完済することができない場合には、通常の売却ができないため「任意売却」を検討する必要があるでしょう。
任意売却とは金融機関の同意を得ることで、競売にかけられるよりも高く売却することができる仕組みのことです。
売却額は全額返済に充てられますが、残債の返済方法についても相談にのってもらえるケースが多く、生活を立て直すためにも効果的な方法といえるでしょう。
しかし住宅ローンを滞納している場合は任意売却が可能な期間が決められているため注意が必要です。
住宅ローンの滞納による競売が開始されてしまうと、任意売却が難しくなってしまいます。
そのため任意売却をおこなうのであれば、金融機関から「期限の利益喪失通知」が届き次第早めに手続きを進めるのがおすすめです。

住宅ローンを滞納する前に検討したい借り換えとは?

住宅ローンを滞納する前に検討したい借り換えとは?

住宅ローンは滞納してしまうと支払も難しくなり、放置することで、マイホームを手放さなければいけなくなるリスクも考えられるでしょう。
そのため滞納してしまう前にできる対策の一つとして、住宅ローンの借り換えについてご紹介します。

住宅ローンの借り換えとは?

住宅ローンを利用している金融機関の金利や条件が厳しい場合には、金利が安い金融機関の住宅ローンに借り換えることを検討しても良いでしょう。
金融機関によって住宅ローンの金利や条件は異なりますので、条件の良い金融機関が見つかれば金利を低く抑えることができ返済の負担が少なくなります。
しかし住宅ローンの借り換えには、手数料や抵当権に関わる費用がかかるため、わずかな金利差ではメリットがなくなってしまうこともあるかも知れません。

借り換えを検討しても良いケースとは?

借り換えにかかるコストは借入額によっても異なりますが、40万円~50万円ほどと考えられています。
そのため借り換えをしても、コストのほうがが高くついてしまうケースもあるため、慎重に検討する必要があるでしょう。
借り換えをすることでメリットがあるのは、住宅ローン残高が1,000万円以上、返済期間が10年以上残っているなどのケースで借り換え先との金利差が1%以上ある場合などが目安です。
このようなケースでは借り換えをおこなうことで、返済条件を見直すことができ毎月の返済額を下げられる可能性があります。
また借り換えをする場合には、新しい金融機関で再度住宅ローンの審査が必要となります。
そのため借り換えまでには時間がかかることを理解しておく必要があるでしょう。
ほかにも借り換えは現状利用している住宅ローンの返済が滞る前におこなわなければ審査に通らないケースがほとんどです。
借り換えを検討する場合は、住宅ローンの支払いが厳しくなってきたと感じた時点でおこなうことをおすすめします。

まとめ

住宅ローンを滞納してしまうと個人の信用情報に記録が残ってしまったり、優遇金利が受けられなくなったりするだけでなく家を手放すことになってしまう可能性もあります。
支払いが難しくなってしまった場合はそのまま放置せず、まずは金融機関に返済方法の見直しや支払い方法などを相談しましょう。
また毎月の返済額を下げたい場合は住宅ローンの借り換えを検討するのも一つの方法です。
住宅ローンを利用してマイホームの購入を検討している方は、ローンの延滞によってどうなるのかを把握することで、せっかく手に入れたマイホームを手放すことのないように計画を立てて利用すると良いのではないでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を一括購入するメリットとは?気になる注意点や諸費用についてご紹介!   記事一覧   不動産売却時の査定とは?2つの方法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,380万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,770万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

セザール加古川B棟 7階

セザール加古川B棟 7階の画像

価格
880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県加古川市尾上町長田
交通
尾上の松駅
徒歩9分

明石市大久保町谷八木

明石市大久保町谷八木の画像

価格
1,900万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町谷八木
交通
藤江駅
徒歩7分

トップへ戻る