0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 不動産売却時の査定とは?2つの方法をご紹介!

不動産売却時の査定とは?2つの方法をご紹介!

≪ 前へ|住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは   記事一覧   リフォーム施工自邸|次へ ≫

不動産売却時の査定とは?2つの方法をご紹介!

不動産の売却を検討している方のなかには、所有している不動産がいくらで売れるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は不動産売却を検討している方に向けて、自分で相場価格を調べる方法や不動産売却時の査定方法についてご紹介します。
所有している不動産の相場を知りたい方もぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時の査定前に相場を調べる方法とは?

不動産売却時の査定前に相場を調べる方法とは?

不動産売却をおこなうときには、所有している不動産の価格相場から売却額を決めなければいけません。
ところが不動産には定価というものがなく、相場も変動しているため価格相場を知るには、不動産会社の査定を受けるのが一般的です。
また査定を受ける前には、自分の所有している不動産の価値を知っておくためにも売却額の相場を調べるなど事前準備をしてから依頼すると良いでしょう。

相場の調べ方とは?

自分で相場を調べるときには、売却を検討している不動産と条件が近い類似物件や公示地価を調べるのがおすすめです。
とくに近隣相場と呼ばれる実際にあった過去の物件取引事例を参考にする方法は一般的な方法で、比較的簡単に自分で相場を調べられるでしょう。
具体的にはインターネットなどの物件情報で近隣のエリアの類似物件を確認し、売却価格の平均を出すことである程度の相場を知ることができます。
また近隣相場以外にも、公的な価格を調べることも相場を把握するうえでは重要です。
公的な価格は国土交通省が発表している公示地価や都道府県地価のほかに固定資産税評価額を参考にするのがおすすめです。
公示地価は国土交通用のホームページからいつでも閲覧することができ、都道府県地価も確認できます。
さらに固定資産税評価額は毎年送付される納税通知書に記載されているため、最初に確認すると良いでしょう。
不動産売却時には不動産会社の査定を受けて売却額を検討しますが、最終的に売却価格を決めるのは売主です。
売却価格が相場より高ければ、売却が難しくなったり時間がかかってしまうでしょう。
しかし安すぎると、不動産売却で本来得られるべきだった額を損してしまうことになりかねません。
そのため事前に近隣相場や公的な価格を調べて把握しておくことで、査定後に適正な売却価格を判断する材料になるのではないでしょうか。

不動産売却時の机上査定とは?

不動産売却時の机上査定とは?

自分である程度の売却額を把握したら、不動産会社に査定を依頼するのが売却時の一般的な流れです。
しかし査定には、机上査定と訪問査定の2つの種類があります。
どちらを選ぶかは査定の特徴と目的に合わせて決めるのがおすすめです。

机上査定の特徴とメリット

机上査定とは対象物件の市場動向や近隣相場、類似物件の成約価格といったデータから大まかな売却価格を査定する方法のことです。
実際に物件を訪問することはなく、データのみで算出するため「簡易査定」と呼ばれることもあります。
机上査定は依頼から3日程度、早ければ当日中にも査定額を知ることができるのが特徴です。
また机上査定では書類の提出が不要で、不動産と個人情報の入力だけで簡単に依頼できるところがメリットといえるでしょう。
依頼者からの情報とデータのみで算出するため、査定の精度は劣ることもありますが売却を検討している段階で売却額の目安を知りたい方や遠方の物件を査定したい方には向いている査定方法といえます。

机上査定の流れ

机上査定を受けるには不動産会社のホームページや電話などで必要な情報を伝えて返信を待つのが一般的な流れです。
依頼を受けた不動産会社からは3日以内を目安にメールなどで査定結果が送られてきます。
査定結果には通常3か月以内に売買される場合の売買想定価格が記載されています。
大抵の不動産会社ではこの査定結果になった根拠や計算式、近隣の売買成約価格なども記載されていることが多いため、売却価格を決める参考になるでしょう。
また机上査定は費用がかからないケースが多いため、気軽に依頼できるのも嬉しいところです。

机上査定のデメリット

物件の情報だけでスピーディーに査定をおこなうのが特徴の机上査定ですが、デメリットもあります。
机上査定のデメリットは、実際に物件を見ていないため周囲の状況や環境が査定に反映されず査定の精度が下がってしまうことです。
とくに一つ一つ違う建物である一戸建て住宅の場合は、正確な査定額を算出するのは難しいといえるでしょう。
そのため一戸建て住宅の方や精度の高い査定を希望される方は机上査定は参考値として考えるのがおすすめです。

不動産売却時の訪問査定とは?

不動産売却時の訪問査定とは?

不動産会社でおこなうもう一つの査定方法は訪問査定です。
訪問査定は物件情報や資料での査定をおこなったあとに物件を実際に訪問して査定をおこなう方法のことを指します。
机上査定と異なり、査定結果がでるまで10日前後の時間がかかることや訪問時に立ち会いが必要になることもあり、時間と手間がかかりますが精度の高い査定ができるのが特徴です。

訪問査定のメリット

訪問査定のメリットは精度の高い査定を期待できることです。
実際に現地を訪問するため、建物や土地の状態だけでなく設備の有無や日当たりなどの情報を得られることができます。
ほかにも物件の周辺状況や生活環境、駅までの時間や街灯の数、街の雰囲気なども査定額を算出する根拠としてくわえることができるのも訪問査定の特徴です。

訪問査定前にやっておくこととは?

住宅など建物がある物件の訪問査定では建物の劣化や不具合部分なども確認されるため、可能な限り修繕をおこない整えておくと良いでしょう。
簡単な設備の修理や敷地、室内の清掃をおこなっておくのがおすすめです。
また訪問査定までに必要な書類も忘れずに準備しておきましょう。
登記簿謄本や公図など指定された書類はもちろんのこと、可能であれば購入時のパンフレットや図面、売買契約書、設計図書など不動産の情報がわかる書類を用意しておくと良いかも知れません。
査定を依頼する不動産会社によって必要書類は異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
ほかにも訪問査定当日は物件に住んでいないと分からないことや物件の瑕疵についても伝えておくことでより精度の高い査定を受けることができます。

訪問査定が向いているケースとは

訪問査定は時間や手間がかかる代わりに精度の高い現実的な査定額を算出してくれるのが特徴です。
そのため不動産売却を実際に進める段階で査定をおこなうときに向いている方法といえるでしょう。
とくに一戸建て住宅では訪問査定をおこなうことで精度の高い査定額が算出されるためおすすめの方法といえます。
また売却を検討している段階なら机上査定で目安を把握し、売却を決めたら訪問査定で精度の高い査定を受けるなど2つの方法を使い分けるのもおすすめです。

まとめ

不動産売却時におこなう査定には、物件情報とさまざまなデータでスピーディーに査定額を算出する机上査定と実際に物件を訪問して得た情報から精度の高い査定額を算出する訪問査定の2種類があります。
将来的に不動産売却を検討している方やできるだけ早く査定額の目安を知りたい方は机上査定が向いているでしょう。
一方で売却を進めたい方や現実的な査定額を知りたい方は訪問査定を選択するのがおすすめです。
また査定の依頼前には自分で売却価格相場を調べることも適正な価格で売却するポイントの一つです。
不動産売却を検討している方は、ご自身の状況に合わせて査定方法を選び損のない売却を進めてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは   記事一覧   リフォーム施工自邸|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加古川市西神吉町岸 中古戸建

加古川市西神吉町岸 中古戸建の画像

価格
1,680万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市西神吉町岸
交通
宝殿駅
徒歩15分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,730万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,330万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

セザール加古川B棟 7階

セザール加古川B棟 7階の画像

価格
880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県加古川市尾上町長田
交通
尾上の松駅
徒歩9分

トップへ戻る