0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 不動産を一括購入するメリットとは?気になる注意点や諸費用についてご紹介!

不動産を一括購入するメリットとは?気になる注意点や諸費用についてご紹介!

≪ 前へ|【2023年版】土地の査定方法に前面道路や土地の形状が及ぼす影響とは?   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは|次へ ≫

不動産を一括購入するメリットとは?気になる注意点や諸費用についてご紹介!

マイホームなどの不動産購入は人生のなかでも大きな買い物の1つといえるでしょう。
そのため不動産購入を検討している方にとって、どのような購入方法を選ぶのかは重要なポイントといえます。
しかし住宅ローンや一括購入などのさまざまな支払い方法があるため、どうすれば良いのか迷ってしまう方も多いかも知れません。
そこで今回は不動産購入を検討している方に向けて、一括購入のメリットや注意点、一括購入時の諸費用もあわせてご紹介します。
不動産の購入方法を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を一括購入するメリットとは?

不動産を一括購入するメリットとは?

通常マイホームなどの不動産を購入する際には、住宅ローンを組んで支払いをおこなうのが一般的です。
しかし住宅ローンを利用せずに一括購入するという方法もあり、この方法にはいくつかのメリットがあります。

金利分の支払いが不要

不動産を一括購入する際の大きなメリットとして挙げられるのは、住宅ローン利用時にかかる金利を支払う必要がないことです。
通常住宅ローンを利用した場合は、元金にプラスして金利の支払いをしなくてはなりません。
またローンの返済期間が長ければ月々の支払額は抑えられますが、その分支払う金利も多くなってしまいます。
しかし現金で一括購入する場合は、住宅ローンを利用しないため金利の支払いもなく最終的に支払う金額を抑えることができるのも特徴です。

ローンに関わる諸費用がかからない

住宅ローンを利用せずに現金で一括購入する場合には、ローンに関わる諸費用がかからないのもメリットの1つです。
たとえば住宅ローンの保証料や団体信用保険料、抵当権設定に関わる登録免許税なども支払う必要がありません。
このような諸費用は大きな金額になるケースもあるため、購入費用を抑えることができるでしょう。

購入までの手続きがスムーズ

不動産を一括購入するメリットは費用を抑えることだけではありません。
住宅ローンを利用しないため、ローンの審査にかかる時間や手間がかからないのもメリットといえるでしょう。
そのため購入を検討してから、実際に引き渡しまでの期間を短縮することができます。
また人気のある物件の場合は、購入までに時間のかかる住宅ローン支払いよりも早く売ることができる一括購入のほうが売主から好まれる傾向もあるでしょう。

不動産を一括購入するときの注意点とは?

不動産を一括購入するときの注意点とは?

不動産の一括購入は住宅ローンを利用したときと比較して金利分や諸費用などがかからないため購入費用を抑えられるのがメリットです。
しかし一括購入をするときにはいくつかの注意点もあります。

住宅ローン控除制度を利用できない

不動産を住宅ローンを利用して購入した場合には住宅ローン控除を受けることができます。
住宅ローン控除は住宅購入後10年間ローン残額の0.7%分が所得税から控除される仕組みのことです。
控除を受けるには確定申告が必要になりますが、大きく節税することができます。
この節税効果によって一括購入で支払う額と、住宅ローンを利用して支払う額の差異が少なくなります。
多くの場合は一括購入のほうが購入費用を抑えることができますが、住宅ローンを利用しないことでこのような税制優遇が受けられなくなるため注意が必要です。

手元の預貯金残高に注意

不動産を一括購入する場合には、預貯金を使い切ってしまわないようにするのも注意点です。
手元にある預貯金を不動産購入のために使い切ってしまうと、住宅以外にかかるお金や不意の出費に対応できなくなってしまいます。
将来必要になるお金を事前に計画して、一括購入後に余裕のない状態にならないように注意しましょう。
また不動産の購入に現金を使ってしまい、車の購入や教育資金にローンを利用するのもリスクが大きくなります。
さまざまなローンのなかでも住宅ローンは金利が低く税制優遇の制度もあるため、一括購入後に手元の資金に余裕がなくなってしまう場合は住宅ローンを利用する方向性も考えたほうが良いでしょう。

税務調査が入る可能性がある

マイホームなどを現金で一括購入すると、購入資金をどのように準備したのかを調べるために税務調査が入ることがある点にも注意しましょう。
この調査では資金が誰かからの贈与で課税対象ではないのか、不正な資金が使われていないかなどを確認されるケースが多いでしょう。
しかしこの調査で疑いを持たれるような返答をしてしまうと正式な税務調査が入る可能性があるため注意が必要です。
正しい購入資金で適切な申告をおこなっていれば調査が入っても問題はありませんので、お金の流れがわかる書類を準備して対応すると良いでしょう。

不動産を一括購入するときの諸費用や流れとは?

不動産を一括購入するときの諸費用や流れとは?

住宅ローンを利用して不動産を購入した場合と一括購入した場合では購入の流れが大きく異なります。
住宅ローンを利用した場合は、購入申し込み後に住宅ローンの事前審査、売買契約を経て住宅ローンの本審査と承認後にローン契約を結び、融資が実行されることで決済をおこない引き渡しに進むのが流れです。
一方現金で一括購入する場合は、購入の申し込み後に売買契約、決済をおこない引き渡しに進みます。
一括購入では住宅ローンにかかるステップを省略することができるため、購入までの流れも短縮できるのが特徴といえるでしょう。

購入に必要な諸費用

マイホームなどの不動産を一括購入する場合には、住宅ローンに関する費用はかかりませんがいくつかの諸費用が必要になります。
主な費用としては、売買契約書に必要な印紙税や不動産会社に支払う仲介手数料、不動産登記にかかる費用などが挙げられるでしょう。
また一括購入、住宅ローン利用に関わらず、物件引き渡し後には不動産取得税や固定資産税の日割り清算金がかかります。
さらに購入した物件がマンションの場合は、管理費や修繕積立金の日割り清算金が必要になるケースもあるため注意しましょう。
ほかにも住宅を建てるために土地を購入する場合には、売買代金の5%から20%ほどの手付金を支払うこともあります。
購入に必要な諸費用は思いのほか高額になるケースもあるため、不動産の購入価格だけでなく諸費用もあわせて資金を計画しておくのがおすすめです。

必要書類の違い

マイホームなどを購入する際に必要な書類も、一括購入と住宅ローンを利用する場合には異なります。
一括購入の場合は住民票や運転免許証など写真付きの身分証明証に印鑑、通帳などの書類が必要です。
一方、住宅ローンを利用する場合は上記の書類にくわえて住宅ローン審査に必要な収入証明書や家の書類、金融機関から求められた書類などを準備しなければいけません。
必要書類が少ない現金一括購入のほうが、準備にかかる手間も少なく済むといえるでしょう。
また支払い方法に関わらず、事前に必要書類を確認し準備しておくことで購入がスムーズに進みます。
とくに住宅ローンを利用する場合は準備する書類が多いため早めに準備しておくのがおすすめです。

まとめ

不動産の一括購入は住宅ローンを利用して購入する場合に比べて、金利分やローン手数料などの費用がかからないといったメリットが多い支払い方法といえます。
しかし一度に手元から大きな金額がなくなってしまうため、将来の資金計画もあわせて慎重に検討する必要があるでしょう。
手元に一括購入できる資金があっても、購入後に手元に現金が残らないようであれば頭金を増やし購入資金の一部に住宅ローンを利用するような方法を選択するのも1つの方法です。
不動産の購入を検討している方は、ご自身の状況に合った支払い方法を選択してみてはいかがでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【2023年版】土地の査定方法に前面道路や土地の形状が及ぼす影響とは?   記事一覧   住宅ローンを滞納するとどうなる?気になる対処方法とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加東市北野 中古戸建

加東市北野 中古戸建の画像

価格
1,390万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市北野
交通
滝野駅
徒歩19分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,770万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

セザール加古川B棟 7階

セザール加古川B棟 7階の画像

価格
880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県加古川市尾上町長田
交通
尾上の松駅
徒歩9分

明石市大久保町谷八木

明石市大久保町谷八木の画像

価格
1,900万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町谷八木
交通
藤江駅
徒歩7分

トップへ戻る