0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 中古マンションをリノベーションする魅力とは?費用やデメリットも解説!

中古マンションをリノベーションする魅力とは?費用やデメリットも解説!

≪ 前へ|ひまわりのお話♪   記事一覧   中古マンション売却のマイソクとは?売却を成功に導くポイントをご紹介|次へ ≫

中古マンションをリノベーションする魅力とは?費用やデメリットも解説!

 

近年では、リノベーションを前提に中古マンションを購入するケースも少なくありません。
中古マンションのリノベーションは、新築マンションより安価に取得できるなどの魅力があります。
しかし、メリットだけでなくデメリットも存在するため、購入前に確認しておくことが重要です。
そこでこの記事では、中古マンションを購入してリノベーションする魅力やデメリット、費用相場まで解説します。

中古マンションをリノベーションする3つの魅力

中古マンションをリノベーションする3つの魅力

中古マンションを購入してリノベーションをおこなう方法にはさまざまな魅力があります。
ここでは、新築マンションにはない「マンションリノベーション」の魅力を解説します。

自分好みにカスタマイズできる

中古マンションのリノベーションの大きな魅力は、自分好みにカスタマイズできることです。
廊下やエントランスなどの共用部分は変えられませんが、居住空間は自由にリノベーションできます。
洗面台やトイレ、浴室などの水回りだけでなく、リビングや天井、床、壁なども含めて全面的に変更可能です。
1度骨組みだけの状態にする「スケルトンリノベーション」や間取りの変更もできるため、新築マンションのセレクトプランなどよりも自由度が高くなり、生活様式や価値観に合わせた住まいを実現できるでしょう。

マンションの取得費が安く済む

中古マンションは新築マンションよりも安価で販売されているケースが多く、取得費を抑えやすいところも魅力のひとつです。
なぜなら、一般的に物件の築年数が経過すればするほど、その取得価額は低下する傾向にあるからです。
中古マンションの取得費とリノベーションにかかった費用を足した金額が新築マンションの取得費よりも安ければ、自分好みの住まいを格安コストで手に入れられたことになります。
中古マンションのリノベーションには、費用を抑えるとともに、自分のこだわりを実現できる大きなメリットがあるのです。

マンションの選択肢が豊富にある

中古マンションのリノベーションは、物件の選択肢の多さにも魅力があります。
とくに東京などの都心部や人口が密集する地域には、新築マンションを建築する土地は多く残っていません。
一方で、中古マンションは幅広い地域で売り出されており、豊富な選択肢があります。
職場からの距離や費用、周辺環境など、さまざまな点を考慮したうえで希望の物件を選べます。
新築マンションの購入では妥協しなければいけないことも、中古マンションを購入してリノベーションする選択肢で解決可能なケースもあるでしょう。

中古マンションのリノベーション費用はどのくらい?

中古マンションのリノベーション費用はどのくらい?

「取得費は安くてもリノベーション費用が高額かもしれない」など、中古マンションのリノベーションにかかる費用を不安視している方も多いのではないでしょうか。
ここでは、中古マンションのリノベーション費用も相場と内訳、費用の増減に関わるポイントを解説します。

リノベーション費用の相場

中古マンションのリノベーション相場は広さや施工内容によって大きく変動しますが、フルリノベーションの場合は600〜1800万円、1m2あたり10万~15万円が費用相場です。
基本的にリノベーションをおこなう面積が広くなればなるほど費用は高くなりますが、同じ60m²でも1000万円台に抑えられるものもあれば1600万円台になるものもあり、費用の振れ幅があります。

リノベーション費用の内訳

リノベーションといってもその工程はさまざまで、ひとつ一つの工程の中で細かな費用が発生しています。
リノベーション費用を構成するのは、主に以下の項目です。

●施行する職人の工賃
●使用する資材・設備の費用
●現場監督やデザインにかかる費用
●細かな経費


基本工事だけでなくオプション工事もおこなうと費用が高額になったり、材料のグレードを調整して費用を削減できたりと、リノベーション内容によって各費用の金額は増減します。

リノベーション費用に影響するポイント

リノベーション費用の振れ幅がなぜこんなにもあるのか、それは以下のポイントが金額に大きく影響するからです。

●物件の広さ:施工面積が広い分、資材・設備・作業量が大きくなる
●間取り・内装デザイン:水回りの移動、設備や資材のグレードが費用を左右する
●物件の階数:高層階だと資材運搬の負担が大きくなり、費用が上がりやすい
●地域:エリアによって資材の価格や工賃が異なる


このように、物件の広さや間取りのこだわり、物件の階数や中古マンションを購入する地域によってもリノベーション費用は変動します。
たとえば、高価な無垢材を床に利用したり、間取りを細かく分けるための壁が必要になったりするとリノベーション費用は高くなります。
逆に考えると、活かせる既存設備や間取り、内装をそのままにして、必要な部分だけリノベーションして、費用を抑えることも可能です。
また、物件の内容だけでなくリノベーションを依頼する業者によっても費用は異なります。
リノベーションを依頼する際には、業者選びも慎重におこないましょう。

中古マンションをリノベーションするデメリット・注意点

中古マンションをリノベーションするデメリット・注意点

近年増加している中古マンションのリノベーションですが、メリットばかりではありません。
リノベーションを前提とした中古マンション購入の前に、デメリットや注意点も押さえておきましょう。

住宅ローンの適用外になる可能性がある

デメリットの1つ目は、中古マンションのリノベーションは住宅ローンが適用外になる可能性があることです。
中古マンションの取得費に住宅ローンを使用できても、リノベーション費用まで組み込めないケースがあります。
そうなると、住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを組む必要が生じます。
リフォームローンは変動金利の平均値が住宅ローンより3%以上高いため、最終的な支払い額が新築マンションの取得費と変わらなくなってしまうこともあるでしょう。

新耐震基準を満たしていない恐れがある

中古マンションを購入する際は、新耐震基準を満たしているかどうかに注意しなければいけません。
新耐震基準は1981年に定められたもので、大きな地震が起きても倒壊しない物件の強度の基準のことです。
1981年以前に建築された物件は旧耐震基準であり、1981年以降に建築された物件よりも強度が保証されていません。
中古マンションのなかには築年数が経過したものも多いですが、耐震性がある新耐震基準を満たしたものを購入することをおすすめします。
納得したうえで旧耐震基準のマンションを購入するなら問題ありませんが、購入後に後悔することのないように、必ず事前に確認しましょう。

工事期間が発生する

中古マンションを購入したあとにリノベーションすると、工事期間中は仮住まいが必要です。
新築マンションを購入した場合はすぐに住むことができるため、購入から住むまでに時間がかかる点はデメリットとして挙げられます。
施工内容や広さによっても異なりますが、設計期間に約2~3か月、工事期間に約1~2か月かかるケースが一般的です。
賃貸住宅に住みながらリノベーションを進める場合は賃貸料と住宅ローンの二重払いになる期間が発生する可能性も考え、入念な資金計画を立てましょう。

まとめ

中古マンションを購入したあとのリノベーションには、費用を抑えて理想の住まいが実現できる魅力があります。
ただし、住宅ローンの適用外になったり工事期間が発生したりするため、デメリットもふまえたうえで購入を検討しましょう。

目次

輝広の写真

輝広 メディア編集部

加古川市.明石市.姫路市.稲美町.播磨町で土地やマンション、一戸建てなどの不動産物件を探すなら、有限会社輝広をご利用下さい。弊社では物件を豊富に取り揃えており、ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介していきます。


≪ 前へ|ひまわりのお話♪   記事一覧   中古マンション売却のマイソクとは?売却を成功に導くポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,380万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,770万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

セザール加古川B棟 7階

セザール加古川B棟 7階の画像

価格
880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県加古川市尾上町長田
交通
尾上の松駅
徒歩9分

明石市大久保町谷八木

明石市大久保町谷八木の画像

価格
1,900万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町谷八木
交通
藤江駅
徒歩7分

トップへ戻る