0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > 中古住宅のフルリノベーションとは?そのメリットと費用をご紹介

中古住宅のフルリノベーションとは?そのメリットと費用をご紹介

≪ 前へ|不動産売却でインスペクションを実施するメリットとは?費用相場もご紹介!   記事一覧   宍粟市山崎町川戸の新着物件!|次へ ≫

中古住宅のフルリノベーションとは?そのメリットと費用をご紹介

不動産の購入を検討している方のなかには、自分好みのマイホームを探している方やきれいな新築物件を購入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし実際には購入を希望しているエリアに新築の物件がない場合や、予算的に難しいケースもあります。
そのため中古住宅を購入しリノベーションを検討すべきか迷っている方もいるかもしれません。
そこで今回は中古住宅の購入を検討している方に向けて、中古住宅のフルリノベーションについてメリットや費用もあわせてご紹介します。
フルリノベーションが気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅のフルリノベーションとは?

中古住宅のフルリノベーションとは?

リノベーションとは建物の性能や価値を上げて再生させる改修のことで、なかでもフルリノベーションは建物をスケルトンと呼ばれる骨組みに戻してから大幅なリノベーションをおこなうことを指します。
似た言葉にリフォームがありますが、リフォームは劣化した建物を原状回復させる意味合いが強いのが特徴です。
リノベーションとリフォームの2つの言葉に明確な線引きはありませんが、一般的に原状回復がリフォーム、性能向上や改善がリノベーションとして考えられています。

フルリノベーションにあたる改修とは

リノベーションは中古住宅などの性能を上げるためにおこなう改修のため、壁の耐震性能を上げたり内装をデザイン性の高いものに変えたりすることなど多岐に渡ります。
フルリノベーションはこれらのリノベーションを全体的におこなうことを指します。
とくに間取りや壁、柱の位置や変更は建物を一度骨組みだけにしておこなうため、フルリノベーションと呼ばれる改修の一つです。
ほかにも水道管や暖房換気設備の変更や二世帯住宅への変更など大規模な工事もフルリノベーションとして考えられるでしょう。

中古住宅をフルリノベーションするメリットとは?

中古住宅をフルリノベーションするメリットとは?

大がかりな工事で中古住宅の性能を向上させるフルリノベーションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

間取りを自由に選択できる

フルリノベーションでは、骨組みだけ残し工事をおこなうこともできるため元の建物の間取りにこだわらず、可能な限り自分の好みの間取りにすることができます。
そのため中古住宅を購入しフルリノベーションする場合は、内装や間取りを気にせず物件の立地や価格の条件が合えば良いため、物件購入の選択肢が広がるでしょう。
さらに内装も自分好みのテイストに合わせることができるため、中古住宅でありながら注文住宅のような自由度がメリットといえます。

不動産の価値が高くなる

フルリノベーションをおこなうことで、もとの建物の築年数が古くても物件の資産価値が高まることがあります。
築数十年が経過していても、フルリノベーションによって設備や室内の状態が良ければ売却を検討するときにも有利になるでしょう。
とくに骨組みからおこなうフルリノベーションでは壁や床を新しくしたり耐震補強なども可能なため、その傾向が高いのもメリットといえます。

新築物件よりリーズナブル

フルリノベーションの住宅は新築物件のようにきれいで自分好みに仕上がりますが、新築物件を同じように注文住宅で建てるよりもリーズナブルなのも大きなメリットの一つでしょう。
予算内でお手頃な価格の中古住宅を購入し、リノベーションに予算をかけるなど自分で必要な部分と不要な部分を選択できるのもリノベーションならではといえます。
またライフステージに合わせて住み替えるよりも、フルリノベーションで間取りを変更できるのも魅力といえるでしょう。

固定資産税が抑えられる

不動産を所有している場合に課税される固定資産税は、固定資産評価額をもとに算出され課税されます。
このとき建物などの資産価値は築年数に比例し下がり、とくに20年を経過すると資産価値は大きく下がるのが一般的です。
資産価値と同様に固定資産評価額も築年数によって下がるため、築年数の経った中古住宅では課税される固定資産税が安くなります。
ただし中古住宅を取り壊して建て直すと、築年数がリセットされるため資産価値はあがり固定資産税も高くなるでしょう。
しかしフルリノベーションでは築年数がリセットされないため、固定資産税が安いままです。
例外として床面積が増える場合などには固定資産評価額が上がることもありますが、基本的には変わらないため、長期的に固定資産税を抑えることができるのもメリットの一つといえるでしょう。

フルリノベーションのデメリットとは?

メリットの多いフルリノベーションですが、デメリットもあります。
フルリノベーションをおこなう場合には築古の中古住宅を対象にすることがほとんどです。
築年数がかなり古い物件の場合には現在の耐震基準と異なる造りの住宅もあり、使用している資材によっては劣化から耐震強度が下がっている物件もあります。
そのためフルリノベーションする際には事前に専門家と相談するのがおすすめです。
またリノベーションの費用は一般的な住宅ローンが利用できないのもデメリットといえるかも知れません。
リノベーションの場合は住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを利用することが一般的なため、事前に料金を調べておくと良いでしょう。
ただし自治体によってはリフォーム減税や補助制度を設けているところもあるので、お住まいの自治体を確認するのがおすすめです。
フルリノベーションでは物件の購入から入居まで時間がかかってしまうのもデメリットといえます。
とくに大がかりな工事の場合は、事前に期間を考えて計画を組むようにしましょう。

中古住宅をフルリノベーションするための費用とは?

中古住宅をフルリノベーションするための費用とは?

新築住宅に比べリーズナブルと考えられているフルリノベーションですが、実際にはどのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
フルリノベーションにはさまざまな内容が含まれるため、かかる費用の幅は広いといえるでしょう。
総額の目安は以下のようになっています。

●マンションのフルリノベーションの場合…250万円~900万円
●一戸建てのフルリノベーションの場合…390万円~2,000万円


またフルリノベーションの平米単価の目安は8万円~22万円/㎡となっており、素材や設備にこだわる場合はさらに単価が上がるでしょう。
さらに耐震補強などの工事をおこなう際の目安は25万円~200万円、断熱対策では20万円~120万円ほどです。
住宅の築年数が古い場合は検討してみても良いかも知れませんね。
フルリノベーションの費用は使用する素材や入れ替える設備などによって大きく異なるため、予算を決めて専門家としっかり相談するのがおすすめです。
とくに細部にこだわると高額になってしまいがちなので、予算内で収まるようにこだわる部分は優先順位をつけるのがおすすめです。

まとめ

フルリノベーションとはもとの建物の性能を向上させることが目的の大きな規模の改修です。
今まで住んでいた住宅はもちろん、中古住宅を購入しフルリノベーションすることで新築物件のようにきれいで自分好みの家に住めるのが大きなメリットといえるでしょう。
住宅を購入してから工事を進めるため入居までに時間がかかることや、住宅ローンが利用できないなどのデメリットはありますが事前にしっかり計画を立てておくことで問題なく進めることができるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却でインスペクションを実施するメリットとは?費用相場もご紹介!   記事一覧   宍粟市山崎町川戸の新着物件!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


明石市大久保町江井島 中古戸建

明石市大久保町江井島 中古戸建の画像

価格
6,800万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町江井島
交通
江井ヶ島駅
徒歩13分

加古川市西神吉町岸 中古戸建

加古川市西神吉町岸 中古戸建の画像

価格
1,680万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市西神吉町岸
交通
宝殿駅
徒歩15分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,730万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

トップへ戻る