0120-928-028

営業時間:
9:30~18:30
定休日:
毎週水曜日 GW 夏期休暇 年末年始

有限会社輝広 TOP > (有)輝広のブログ記事一覧 > どうして豆まきをするの? 節分の由来ご紹介

どうして豆まきをするの? 節分の由来ご紹介

≪ 前へ|★★神田 松之亟★★   記事一覧   加古川市の住みやすい理由とは!? 子育て環境や治安について|次へ ≫
カテゴリ:その他

鬼を払うために豆まきを行い、年齢の数だけ豆を食べる。

 

近年は恵方巻も全国区の知名度となりましたね。

 

地域でさまざまな違いはあれ、節分は現在の日本でも大きなイベントです。

 

そんな節分の由来はご存知でしょうか?


節分の日

 

節分と豆まき 節分とは季節の分け目


暦の上で春夏秋冬の季節の始まりの日を、立春、立夏、立秋、立冬といいます。

 

この前日が、季節の分かれる日ということで、「節分」と呼ばれます。

 

春夏秋冬のうち、1年の始まりということもあって最も重要視されたのが立春。

 

そしてその前日でもある2月の節分が、現在も続く行事の由来です。

 

節分と豆まき なぜ鬼を払う?


季節の変わり目、つまり節分には、邪気が生じると考えられていました。

 

この邪気、つまり鬼を追い払う「追儺(ついな)」が中国から伝わる中で、節分の宮中行事として定着したそう。

 

続日本紀によると、追儺が始まったのが706年。

 

奈良時代より前から行われている、歴史ある行事なのですね。

 

当初は、土で作られた牛と童子の人形を宮中の各門に飾り、方位に由来する色で塗ったのだそうです。

 

節分と豆まき 豆まき


現在と同じように豆まきが行われた最も古い記録は、室町時代の1400年代。

 

文献によると、このときすでに、公家・武家ともに大豆をまく風習が根付いていたそうです。

 

なぜ豆まきかというと、室町時代の文献に、宇多天皇の御代(900年前後)に鞍馬山の僧が鬼の目を炒った豆でつぶし、災厄を逃れたという伝説が書かれています。

 

また、豆は「魔目(まめ)」と呼び、やはり鬼の目に投げて滅ぼす「魔滅」と通じることからも、退治するために豆まきをする風習に繋がったと言われています。

 

生命力が宿る穀物を投げ、鬼を滅し、一年の無病息災を祈る節分。

 

600年前にも現代と同じように大豆を投げていたと思うと、本当に歴史ある行事なのですね。

 

節分と豆まき さまざまな節分


大豆をまく他、地域や家庭によってさまざまな風習があるのも節分です。

 

代表的なのが、柊鰯(ひいらぎいわし)。

 

焼いたイワシの頭を柊の小枝に刺し、門に飾ります。

 

柊の葉のトゲが鬼の目を刺し、鰯の臭いで払うのだとか。

 

平安時代には、しめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していた記録があるそう。

 

西日本を中心に、今でも節分鰯として鰯を食べる風習も残っています。

 

その時期には、鰯がスーパーに並びますね。

 

また豆はもちろん、地域によって麦飯や餅、粕汁、魚料理など、さまざまなものを食べる風習も。

 

昔から伝わっている行事だからこそ、地方に広がるにつれ、地域の独自性がでたのですね。

 

まとめ


お住まいの地域の寺社などを訪ねて、節分会などに参加してみてはいかがでしょうか。

 

豆まきだけではない地域独自の、新しい発見があるかもしれません。

 

有限会社輝広では、明石・加古川・高砂を中心に不動産売買を行っております。

 

マイホームに関するご相談は、有限会社輝広までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|★★神田 松之亟★★   記事一覧   加古川市の住みやすい理由とは!? 子育て環境や治安について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加古川市平岡町土山 中古戸建

加古川市平岡町土山 中古戸建の画像

価格
2,380万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古川市平岡町土山
交通
土山駅
徒歩8分

加東市山国 中古戸建

加東市山国 中古戸建の画像

価格
1,770万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加東市山国
交通
社町駅
徒歩61分

セザール加古川B棟 7階

セザール加古川B棟 7階の画像

価格
880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県加古川市尾上町長田
交通
尾上の松駅
徒歩9分

明石市大久保町谷八木

明石市大久保町谷八木の画像

価格
1,900万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市大久保町谷八木
交通
藤江駅
徒歩7分

トップへ戻る